忍者ブログ
[PR]
2017 / 10 / 18 ( Wed )
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

テーマ:<%topentry_thread_title> - ジャンル:<%topentry_community_janrename>

18:20:08 | | page top↑
音楽を好きでよかったと思う瞬間 by 蜘蛛乃宮古亜子
2006 / 12 / 09 ( Sat )
今晩和。
私は今日ALI PROJECTのトークショーに二つ参加してきました。
詳しくはホームページの中にあるブログ蜘蛛の巣をご覧下さい。
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=kurosu44
私は今本当に幸せで幸せで仕方がありません。
少し前まで気力を実は失っていたのですが、今はやる気が沢山あるのです。
今日初めてアリカ様を見て声を聞いて話した。
それは私の人生上最高の出来事なのです。

そして、私は思った。
音楽をやっていてよかった。
音楽が好きでよかった。
ALI PROJECTに出会えて本当によかったと。
そういう瞬間って私達音楽人間には多いのです。
コンクール前や演奏会前。
練習に追われてしまうのですが本番の時の拍手やメッセージが本当に大切なのです。
ホルンはアンサンブル楽器ですから仲間同士の掛け合いとかもあって本当に音楽をやっていてよかったって思えるのです。
その瞬間は音楽以外にもあると思います。
たとえばLABOの英語劇が終わったあとや、ホームステイ。
詩や作文や小説。
食べ物とかにもあります(笑)
例えば美味しいウニを食べた後にウニが好きでよかった~って思います。
私はそういう気持ちがとても大事だと思います。
音楽にしても何にしても。
何かそういうエピソードがありましたら教えて下さい!
大好きなんです。
こういうよかった~エピソード。
聞いていて幸せになれるでしょう?
私は音楽面でこういうエピソードが沢山あるのです。
アリカ様のトークショーは私にとって大きなものになりました。
PR

テーマ:<%topentry_thread_title> - ジャンル:<%topentry_community_janrename>

23:45:42 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
音楽の授業を減らす公立学校 by蜘蛛乃宮古亜子
2006 / 12 / 07 ( Thu )
今晩和。
蜘蛛乃宮古亜子です。
たった先程までホルンのレッスンを学校で受けていました。
皆さんもご存知かと思いますが、私は音楽の中学校へ通っています。
で、本題に入ります。
公立の小学校や中学校で音楽の授業を減らしたり美術の授業を減らして学問を増やすという動きがあるそうです。
楽しみな音楽会や展覧会を無くす動きまであるとか…。
音楽のテストの内容も音楽ではなかったり…。
作曲者や作詞者の名前を書く、歌詞を書くなどそんなの国語ですし音符の長さを書くなんて数学じゃないですか。
私は正直驚きました。
音楽の勉強や美術の勉強は学力にはなにも関係ないけど人の心や精神を育てて豊かにする。
だから、日本人は沢山触れるべきだと思う。
優しい日本人を増やして欲しい。
本当に。
なにが最近の子供だろうか?
最近の大人の都合に振り回して悲鳴をあげてるのは私達子供だ。
大事な授業を減らして豊かにするチャンスを分け与えない。
もっと音楽や美術を公立に増やすべきだと思う。
で、もっと音楽的な授業をするべきだと思う。
私の恩師は素晴らしい。
小学校の音楽会。
一年生がビートを刻みちゃんとしたジャズをしていた。
凄いし音楽が生きていた。
そういう音楽を日本人は触れてほしい。
のびのびと学ぶべきだと思う。
肯定の方はそれを強める意見を、ん?と思った方も意見を。
よろしくお願いします。

テーマ:<%topentry_thread_title> - ジャンル:<%topentry_community_janrename>

18:41:31 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
電車の中で聴く音楽 by蜘蛛乃宮古亜子
2006 / 12 / 06 ( Wed )
今日和。
初めましての方もまたお会いしました方も改めてよろしくお願いします。
蜘蛛乃宮古亜子です。
クモノミヤコ アコと読みます。
詳しいプロフィールはプロフィールを見てくださいな。
このブログはお友達の夜乃小雪とやっていきます。
趣旨としては情報交換場のような感じです。
テーマ事にブログを更新し、それについて互いに意見を出し合おうというものです。
初代あこの世界からの私を知るお客様ならば解るかもしれませんが、私は自分の世界の中で生きる人間のため周りの人間がよく見えないのです。
少しでも協力して頂けたら光栄です。
今週というか今日から4日間のテーマは音楽です。
音楽の話ならば何でもありにしようと小雪と話し合った結果決まりました。

皆さんの大部分が電車で音楽を聴かれた事がある方だと思います。
私も毎朝毎朝学校帰りも最高音量で音楽を聴いています。
朝と帰りに最も聴くアルバムを載せます。
私は音楽を電車の中で聴くのにギガビートという機械、iPodではないのですがそれっぽいのを使っています。
ちなみに全部で二万曲近く入り242枚のアルバムと257枚の写真と4本のPMVが入っています。
好きな音楽をリストにして聴く方もいるのですが、私はアルバム事に聴く派です。
で、よく聴くアルバム…。


ALI PROJECT ARISTOCRACY
ALI PROJECT EROTIC&HERETIC
ALI PROJECT 神々の黄昏
Bjork Greatest Hits
Blindspott end the silence
BUMP OF CHICKEN Jupiter
Cncord Dawn Chaos By Design
elemeno P Trouble In Paradise
Evanescence Fallen
Evanescence The Open Door
Eminem Encore
The fray How To Save A Life
GREEN DAY American Idiot
Jhon Lennon Imagine
KASABIAN Empire
KOKIA 愛のメロディー
KORN See You On The Other Side
Linkin Park Meteora
Micheal Jackson Thriller
Nirvana Nevermind
Nirvana In Utero
Oasis dont believe the truth
Radiohead Kid A
Red Hot Chili Peppers Blood Suger sex magik
Red Hot Chili Peppers Stadium Arcadium
SNow 逆さまの蝶
Stacie Orrico Beautiful Awakening
STATIC X Start a war
STATIC X Shadow Zone
TWENTY2 Defective
U2 Beautiful DAY
U2 Joshua Tree
The WHO Tommy
YUKI ドラマチック
YUKI メランコリニスタ
YUKI joy
ORIGA inner universe
ジャンヌダルク JOKER
スガシカオ
plastic tree シャンデリア
宇多田ヒカル ultra blue
坂本真綾 ニコパチ
坂本真綾 少年アリス
菅野よう子 改殻機動隊系全部
椎名林檎 勝訴ストリップ
椎名林檎 無罪モロニアム
東京事変 教育
東京事変 大人
東京事変 修羅場
浜崎あゆみ heaven

クラシックを書くと凄いことになるので書きません…。
さあ、知ってるのはありましたか?
お勧めなどもありましたか?
参考になると嬉しいです。

テーマ:<%topentry_thread_title> - ジャンル:<%topentry_community_janrename>

22:18:36 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
アルカン by小雪
2006 / 12 / 06 ( Wed )

アルカン・シャルルヴァランタン・モランジュ。                                              彼は世捨て人と呼ばれ謎に包まれた死を遂げた天才です。                           世界大戦の際に、残された作品の大半が闇に消えてしまった為、                      この名前を知る者は今では数少なく・・・                                               ショパンが尊敬し、リストが恐れたアルカン。                                            私がとてつもない恐怖を感じた曲を紹介します。

12のエチュードより・・・NO3・・・悪魔のスケルツォ・・・

ぜひ聞きましょう。                                                                         

テーマ:<%topentry_thread_title> - ジャンル:<%topentry_community_janrename>

17:43:52 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |